IT系会社員よもやま話 | 山口県山口市のWEB制作会社 株式会社モトクロスのスタッフブログ

2017.05.11
SEOは奥が深い

WEB

2017.05.17WEB

ブラウザキャッシュのクリア方法いろいろ

ページの一部を更新した際に、ブラウザで見ても変わっていない…という事態に遭遇したことはありませんか?

それは、ブラウザの『キャッシュ』という機能が働いているからです。

キャッシュとは?

キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータ(画像やHTMLなど)をブラウザで一時的に保存する仕組みです。それにより、ページの表示を高速化することができます。

mac-459196_640

要するに、次回同じページを閲覧する際に、キャッシュに保存されたページデータが読み込まれるため、インターネット上から読み込むよりも速く表示することができるのです。

逆に、ページデータがキャッシュに保存されている時は、ブラウザは新しくインターネット上から読みこんでこないので、古い情報が表示される、ということが起こるのです。

ページが速く表示されるようになることは良いのですが、更新内容が反映されないのは困りものですよね…

キャッシュをクリアする

children-593313_640

キャッシュに保存されたページデータを削除すれば、更新内容が反映されたページが表示されます。

キャッシュをクリアする方法はいくつかあります。

1.F5キー

キーボードのF5キーを押すと、ページがリロードされます。リロードした際にテキスト系のキャッシュは消せます。

「Ctrlキー+R」でも同じことができます。(Macの場合は⌘+R)

2.Ctrlキー+F5キー

F5キーだけでダメだった場合は、Ctrlキーを押しながらF5キーを押します。わたしは、「スーパーキャッシュクリア」と呼んでいます。

「Shiftキー+F5」や「Ctrlキー+Shiftキー+R」でも同じことができます。

(Macの場合は⌘+Shiftキー+R)

3.ブラウザのキャッシュ削除設定

スーパーキャッシュクリアでもダメだった場合は、ブラウザの設定画面から、キャッシュを削除してください。

※PDFなどはキャッシュが強く残る可能性があります。

Internet Explorer 「歯車」アイコンから、インターネットオプション > 全般 > 閲覧履歴 のところにある「削除」をクリック。
Google Chrome 設定 > 詳細設定を表示 > 閲覧履歴データの消去 にて「キャッシュされた画像とファイル」だけにチェックを入れて、消去してください。
Firefox 設定 > 詳細 > ネットワーク から、キャッシュされたウェブページにある「今すぐ消去」をクリック。

弊社でも、更新依頼の作業をご報告すると、「変わってないよ!」と言われることが多々あります。まずは、『キャッシュクリア』してみてくださいね。

この記事を書いた人

DADADADA

ウルトラマンシリーズに登場する、三面怪人「ダダ」ではなく、モトクロスのWEBデザイナー。好きなものは他人の不幸。

DADAの記事一覧

DADAが書いた他の記事