山口県山口市のホームページ制作・広告・WEBコンサルティング | 株式会社モトクロス

;083-902-8200

山口県山口市熊野町1-10 NPYビル
ニューメディアプラザITビジネスセンター2F

常時SSL

SSLとは?

SSL(Secure Sokets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコルです。主にウェブサイトの閲覧者とサーバ間のデータの送受信で用いられます。通常の送受信とは違い、データを暗号化してから送るため、第三者からデータを盗み見られたり、改ざんされるリスクが激減します。

URLが「HTTP」ではなく「HTTPS」から始まるサイトが、SSL化されているサイトです。従来から、個人情報を入力する入力フォーム等ではSSL化することが多く、フォームのページのみHTTPSというケースが一般的でした。しかし、現在注目されている「常時SSL」というのは、サイトの全ページをHTTPSにすることです。

常時SSL

2014年にGoogleはHTTPSのウェブサイトの順位を優遇するロジックを実装しました。それ以降、GoogleやYahoo!をはじめ、常時SSLのサイトは年々増加しています。

また、ブラウザによってはHTTPのページでは「安全でない」という警告表示を出す機能を実装しているものもあり、常時SSLにした方がサイト閲覧者の信頼にも繋がるといえます。

常時SSLのメリット

  • セキュリティの強化
  • 信頼性の向上
  • SEOに有利